平成28年度の事業計画

 

 本県の内水面漁業は漁業生産のみならず、県民に安らぎと潤いをもたらす遊漁をはじめとする健全なリクレーションの場として、多面的に利用されている。
 しかしながら、内水面を取り巻く環境は、相次いで施行される河川工事や産業排水の流入等による漁場の荒廃、カワウやブラックバス等外来魚による漁業被害、各種利水施設の過剰な取水による流量の著しい減少、漁業関係者の高齢化、組合員や遊漁者の減少など依然として厳しい状況下に置かれている。そのような中、一昨年に成立した内水面漁業に関する振興法を、大きなよりどころとして、増殖の推進や特定外来生物等の被害防止等による内水面水産資源の回復、自然や生態系と調和した河川整備、内水面漁協の健全な経営のための指導や人材育成に積極的に取り組む。
 平成28年度事業の実施に当たっては、前年度の事業を更に強化し、漁業協同組合の経営強化のための検討、ブラックバス等の外来魚やカワウ等に対する駆除及び啓発指導を強化するほか、内水面漁業資源の維持増大のための増殖事業を実施する。
河川清掃等に取り組むなど、漁場環境保全に向けて関係団体と連携して推進する。


1 指導事業

(1) 教育情報事業

 本会に属する会員などの知識、資質の向上を図るとともに漁業後継者の育成に向けて各種研修会、講習会を開催する。
 また、本会や会員の業務等を広報するため、年1回機関紙(新潟県内水面漁連だより)を発行するとともにホームページを定期的に改訂し、新しい情報を提供する。

(2) 漁場環境保全事業
 ① 河川懇談会の開催

 国土交通省北陸地方整備局、新潟県との河川懇談会を開催し、内水面漁業への理解を求めるとともに工事被害の未然防止、多自然河川づくりの推進、魚道の整備、維持流量の確保、水質汚濁防止等、漁場環境の保全を推進する。

 ② その他の漁場環境保全

 ダム、河川工作物の設置や工事による被害、汚濁水の流入による漁場環境の悪化を未然に防止するため、関係機関と協議、指導する。

(3) 生態系の保全に係る実践活動事業

 地域住民や内水面利用者に対して、「外来魚の再放流禁止」などの指導や内水面漁業制度等に関する知識の啓発、並びに「釣り教室」「総合学習会」の開催による遊漁者へのマナー指導、河川環境に対する啓発、情報提供など内水面漁業の活性化に係わる実践活動を行う。
三面川においてアユ漁場の改善を図る目的でダム直下の河床整正を行う。

(4) 遊漁対策事業
 ① 遊漁団体との懇談会の開催

 渓流魚に関する懇談会の開催を通じて漁協と遊漁団体との交流を促進し、川の有効利用を図る。

 ② 遊漁者監視指導事業

 渓流釣りのマナー向上と密漁防止を目的に、漁場進入道路等で一斉監視・指導を実施する。

 

2 淡水魚増殖事業

 河川・湖沼における水産資源の維持増大を図るため、県の助成を受け淡水魚の増殖事業を実施する。

(1) 淡水魚放流事業

  種苗生産漁協、県内外の種苗生産業者から健苗を入手し、下記の数量を県内河川湖沼に放流する。

  ア  ユ   17,685㎏
  コ  イ   4,330㎏
  フ  ナ   4,160㎏
  ニジマス   2,030㎏
  ウナギ   200㎏
  イワナ   711,300尾
  ヤマメ   579,100尾
  カジカ   219,900尾
  サクラマス    1,469,300尾
  モクズガニ   500㎏

(2) 稚アユ採捕放流事業

 寺泊野積地先の大河津分水路河口で稚アユを魚沼漁協組合員の協力を得て採捕し、県内河川に放流する。
         採捕放流計画(希望数量)   1,440㎏

(3) アユ中間育成事業

 (公社)県水産振興協会から1,867千尾の元種苗を購入、下記の10組合で約12.15トンを生産し、放流する。

  大川漁協 90,000尾  
  三面川鮭産漁協 200,000尾  
  荒川漁協 177,000尾
(内0.5gサイズ 152,000尾)
 
  阿賀野川漁連 140,000尾  
  阿賀野川漁協 30,000尾  
  加茂川漁協 50,000尾  
  五十嵐川漁協 120,000尾  
  魚沼漁協 700,000尾  
  中魚沼漁協 160,000尾  
  糸魚川内水面漁協 200,000尾  

  合   計 1,867,000尾
(内0.5gサイズ152,000尾)
 

(4) 外来魚被害緊急対策事業

 内水面における水産資源の保護、回復及び内水面漁業の秩序を保持するため、県及び全国内水面漁連の助成を受け、内水面水産試験場に指導を得て、ブラックバス等外来害魚の駆除を実施する。
       「駆除予定水域と関係漁協」

  三面川 三面川鮭産漁協
  加治川(内ノ倉ダム含む) 加治川漁協
  阿賀野川下流 阿賀野川漁協
  加茂川(下条ダム湖含む) 加茂川漁協
  刈谷田川(刈谷田川ダム湖含む) 刈谷田川漁協
  信濃川下流 信濃川漁協
  信濃川中流(五辺の池含む) 魚沼漁協
  福島潟、新井郷川 福島潟・新井郷川漁協
  *奥只見ダム湖については、全内漁連補助事業で実施

「カワウ漁業被害実態調査関係漁協」

  三面川 三面川鮭産漁協
  阿賀野川下流 阿賀野川漁協
  阿賀野川上流 東蒲原郡漁協
  五十嵐川 五十嵐川漁協
  刈谷田川 刈谷田川漁協
  信濃川中流 魚沼漁協

(5) カワウ駆除対策事業

 阿賀野川水系、信濃川水系、三面川水系において、カワウについて被害防
除対策、捕獲などを実施し、被害の実態を明らかにし、被害の軽減を図る。
 昨年度より全国内水面漁連をとおしての定額補助が認められ、事業はより
一層拡充される。
長岡技術科学大学と引き続き共同調査を行って、被害実態の把握、防除手
法の開発に努める。

 

3 県内共通遊漁証発行事業

 遊漁者の利便性を目的に漁業協同組合、釣具店等の協力で「アユ・サクラマス・モクズガニを除く全魚種」と「コイ・フナ」の県内共通遊漁券を発行する。
 また「遊漁のしおり」を発行し、本県における内水面漁業制度と遊漁に関する情報提供を行い遊漁者への啓発指導を実施する。
 なお、発行に伴う遊漁料金は発行経費等を差し引き、過去2ヵ年間のアユ、サクラマス、モクズガニを除く放流実績に基づき各漁協に配分する。